オーラのみえはじめ

●はじめてみた ほかの人のオーラ

 ほかの人のオーラで最初にみたのは2002年4月に 人のあとにズッとくっついてる灰色のオーラです

 

このようにみえました。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

●指のオーラ

 

 2001年の1月ごろ本で

 

 

白いかべの前で、両方の人さし指をつけたりすると、オーラがみえる。」

 

とゆうのをよみました。

 

 

 

好奇心にかられてやってみると、なんとなく、手とバックの壁との境界線が

 

白くハレーションをおこしたみたいにみえました。

 

 

 

でも、最初は「ウ〜ン。目の錯覚とかじゃないの??」とおもいました。

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

●3D


それから、1カ月くらいたって、会社でパソコンをう使うせいか目がつかれるようになりました。


3Dが目のつかれをとるのにいい。ときいたので、会社のやすみ時間、文庫版の3D写真を15分毎日みてました。

 

みると目や肩のコリがほぐれるようなかんじでした。

 

しかし3Dはさいしょはほとんど、立体にみえなかったです。

目のつかいかたを意識的にしないとみえません。

 

それでも毎日つづけていたら、1カ月くらいしたある日 突然、立体的に鮮明にみえました。

 


それからまた1カ月くらいやっていると、だんだん遠近感をたもったまま

ながい時間、画面のすみずみまでみていられるようになりました。

 

 

そんなある日、駅で反対側のホームにいる人たちをボーッとみてました。

 


 

すると、あるいてる男の人のうしろに半透明な雲のようなモノが

ズ〜ッとついてるのがみえました

 

 

そのひとの背中から6〜8cmくらいの所にあって 

人物がうごくと影もついていきます

 

「エ〜〜ッ!!なんだ?コレは?」とおもい、その人から目をはなせませんでした。


 

でも、すぐ、電車がきてその人はのっていってしまいました。

 

そして、まわりの別の人をみると、ぼんやり白いモヤみたいなものが体から5〜6cmのところにみえます

 

それいらい、ホームや人ごみにいくと、目をボ〜ッとさせてみるようになりました。

すると、黒っぽい影のある人と白い影のある人がいるのがみえました。

白い影はやはりその人がうごくと影もついていきます。

 

 

そして、だんだん これはオーラなんじゃないか?とおもいはじめました。


「でもオーラって、キレイな色がついてるんじゃないの?

モノクロにしかみえないってコトあるの??...。」

 

...とおもいました。

 

 

 

  次の「指からでる色」へ