はじめていったスピリチュアルセミナーでのこと

はじめていったスピリチュアルセミナー

ウィリアム.レーニンさんのセミナーで起こった事

あれは、2002年の12月の事でした。まだ、ハナちゃんが闘病生活をしてて、私はオーラや光る粒子が見えはじめた頃でした。

毎日、オーラが見えるけど、その頃は誰にも言えなくて。一人でモンモンとしていました。

「こんなのが見えるなんて、どこかオカシイのか??でも、普通に生活してるし..。」

家族に言っても「疲れてるんじゃない?」で、終わってしまう...。

 

まず、「こんなものが見える!」と言った時の周りの反応が恐かったです。でも、色々な本を読むと、「こうゆうのが見えるのは、私だけではなく、そう ゆうのをヒーリングなどに使っている人がいる。」...らしい。とゆうのは理解できました。でも、周りの人に言う事はできませんでした。

そうゆう時にVOICとゆうスピルチュアル系の本の会社から、セミナーのお知らせがきました。いままで、そうゆうのがきてもあまり、興味がもてなかったのですが、今回はフと、行ってみようかな〜?と思いました。

 

何故、レーニンさんだったのか?

他にもサイキックな人はいたのですが、パンフレットに「テディベアが好き」と書いてあったのが印象に残ってたせいかもしれません(笑)

あまり、深く考えず、世の中にそうゆう能力をもってる人がいるのだったら、会ってみたいな〜。と思ったのです。

セミナーの内容は「前世を見る」「ネガティブエネルギーの浄化法」でした。前世は興味がなかったのですが、その頃は過敏だったので、ネガティブエネルギーが防げるもんなら、やってほしい!と思いました。

で、当日、一人で会場に行きました。

ほとんどが女性でしかも、会場は満杯。5人くらいかな〜?と思ってたのですが、こんなに人がいるとは..。とビックリしました。

レーニンさんは人のよさそうなアメリカの田舎のおじいちゃん♪みたいでした。

彼は人の顔が前世の人間の顔に見えるらしいです。

私は人の顔が前世には見えなかったのですが、イメージ誘導で前世をさかのぼる。とゆうのはしました。それで、写真のように鮮明にアラブのターバンを 巻いた男の人の画像がでてきたのですが、「これが前世?」と言われると、わかりません。でも、写真の様に鮮明なイメージは自分1人ではなかなかでてこない ので、レーニンさんの誘導のせいかな?と思いました。

 

そして、4人並んでイスの座って、その前に1人を座らせて、みんなでその人の前世を感じたままに言う。とゆうリーディングのようなワークがありました。

私はそれには参加しないで、ボーッと見てたのですが、そのワークの終わりの頃になって、前にでてた女の人から蛍光緑のオーラが2mくらい、いきなりスパークしました。

その女の人に何か言っている人も蛍光緑のオーラです。

「なんで、この人たちだけ緑に光ってるの?」と思いました。しかし、その頃は蛍光緑のオーラが何を意味するかわからない状態でした。

そして、ネガティブエネルギーの対処法(イメージワークのようでした)も教えてもらって、セミナーが終わりに近づいた頃、さきほどオーラがスパークした女性が手をあげました。

そして、さっき自分が被験者になって、4人の人から色んな前世のイメージを聞かされたそうです。その中の一人に「フランスに住んでいた」と聞かされて、それを聞いたとたん、自分の前世を思いだした。と言うのです。

そして、今生では自分は結婚して、何年にもなるが子供がいない。その理由はフランスで悲惨な状態で子供を亡くしたからだった。とゆうのを思いだしたそうです。

そして、「自分が子供を生んでしまったら、そのコを失うかもしれない。」とゆう恐れてを抱いていた事に、はじめて気づいたそうです。そして、それに気づいたらすごく楽になったそうです。

 

その人に「フランスに住んでいた」と伝えた人も緑のオーラをだしていました。

 

前世の事はわかりません。前世がホントにあるのか?ほんとにこの女性はフランスで子供を亡くしたのか?...はわかりません。でも、そう言われて、オーラがスパークするほど、自分の心の中のなにかが開放されたのなら、とても興味深いことだと思いました。