チャクラについて

チャクラ....どう見えるか

 

チャクラ....チャクラってごぞんじですか?

 

よくこのサイトではチャクラがど〜〜の。とゆう言葉がでてきます。

 

しかし まだまだ一般的な言葉なのではないので 

 

『よく聞くけどソレってなに??』

 

とゆう方がおおいのではないか?

 

とゆう根本的な疑問を感じましたので、チャクラのことを書いてみようと思います。

 

チャクラはありていにいうとオーラ上にある気の出入り口のようなモノです。

 

空気中のエネルギー(気)をとりいれて オーラ体にまわしています。

 

 

たくさんチャクラはあるのですが、主に7つのチャクラが有名です。

 

そのチャクラのある場所は心理的 霊的な成長にも関係するといわれています。

 

 

チャクラが見えはじめたのは、2002年10月頃からです。


人の頭の上20cm〜30cmの所に円盤状の白いモヤが見えました。

 

 

そして、そのモヤはその人が歩くと頭の上をズッとついていってました。

 


このように見えます

 

 

 

 

「??コレはまたヘンなものが..^^"」

 

と思ったのですが、それはどの人にもついています。

 

ほとんどの人が頭の上空に白い円盤乗っけて歩いているように見えます。

 

それと、共に、身体の前方や後方に、白い、オーラの玉のようなものをつけてる場合や、

 

それが漏斗状になってることもあります。

 

 

「これはもしかして、本で読んだ事のあるチャクラ??」

 

と思いました。

 

ヨガの本などには

 

「人間にはチャクラと言われるエネルギーセンターがある。」

 

と、よく書かれています。

 

これは一遍に全部のチャクラを入れましたが、

 

一度に見えるのは、2つくらいです。

 

(これを書いたのは2003年です。

 

2008年になりましたら2つ以上みることができるようになってました。

 

7つのチャクラ以外にも

 

手の先のチャクラ 肝臓 脾臓のチャクラなども見えてきました。

 

2008.6.27)

 

 

 

今はいっぺんに全部みえるようになりました。

 

各チャクラ 臓器の上のチャクラもみえるようになりました。

(2015.5.21)

 

 

 

ヨガなどの本では、この白いのはチャクラと言って

 

そこから、あの空中にキラキラ光るプラーナを

 

身体に取り入れると言われています。

 

 

チャクラとはサンスクリット語で「車輪」とゆう意味です。

 

車輪のように回転して、プラーナを取り入れると言われています。

 

 

何か、物体があるとゆうより、

 

雲のように、エネルギーがそこに集まって白く見えるようです。

 

 

バーバラ.ブレナンさんは、チャクラの回転が

 

右回りか、左回りか見えるそうですけど

 

私は回る方向はわかりません。

 

 

ただ、チャクラの辺りはエネルギーセンターだけに

 

「オーラのかげりもチャクラのあたりに集まりがち」みたいです。

 

 

そんなのは見えます。

 

(まわっているのもわかってきました 2007.5.22)

 

(どちらにまわってるのかもみえるようになりました。

 

ただ 正常に機能していないと黒くなるので 

 

あまりどちらまわりかは気にしなくなりました。2015.5.21)

バーバラ.ブレナンさんの本

スポンサーリンク