丹光について

眼をつぶって見えるもの

 

オーラを見る前やヒーリングをする前に、眼をつぶって複式呼吸をしたり、瞑想したりすると、つぶった眼の裏に色が見えます。

 

いつも最初は紫色なのですが、この色が見えたら、自分がちゃんとグラウンディングして、

 

落ち着いる状態だと思っています。



すごくキレイなんですけど、あらわれたり、消えたり、呼吸と共に動きます。

 で、集中をつづけると、色を変えてみたりします。「赤くなれ」思うと赤くなります。


 (丹光は あまりいじらないで

自然にあらわれるままにしたほうがいいらしいです。

執着になるので そこから先へすすむのがおそくなります。

後日知りました。

2015.5.21)


形もかえたりして...

 

ヒーリングをすると、色を見る人が多いけど、皆、どんなに見えてるのかな?(2003年)

 

後日 これは丹光(たんこう)とゆうことを知りました。

昔の仙道..仙人の修行をする人はこの光を目標にしていたとか..。

この光は ヒーリング中など変成意識になると見えます。

またアカシックレコード(宇宙の図書館 今までの情報がたくらえられている、といわれるところ リーディングなどはここから情報をとりだすのでは?といわれれています)にアクセスする時にもみえます。

仙道も透視を目標にしていたので この光はその前段階と考えられていたようです。

丹光も見なれて(?)くると 紫の光が奥のほうからせまってきたり 遠のいたりして見えて

紫以外に白い光なども見えてきます。

                          (2008年 11月)