顎関節症のときのオーラ


これは、顎関節症のときのオーラです。

顎関節症になると 一般に口をあけるときに あごがイタかったり 音がしたり、時には口があかなくなってしまいます。

 

ただ、十数年前まで、顎関節症のひとはとてもすくなかったのに 今はふえているそうです。

上のオーラの画像は顎関節症の人のオーラを見たときのものです。

顎関節症とはしらなくて見ていたので、

「なんで、こんな耳の下から横にむかってオーラがかげってるんだろ???」

と不思議でした。

 

耳のつけね から横に10cmくらいにオーラがかげります。

耳のつけね。そこは頭骸骨とアゴをつないでる間接円盤とゆう ちょうつがい のようなものがああります。

 

顎関節症になると、これがズれてくるそうです。

器質的な原因は、事故などのアゴへのダメージ 歯のかみあわせが悪い。などです。

病院でのと治療はかみあわせをなおしたり マウスピースをつかって矯正するそうですが

ストレスも関係するようです。

 

わたしが見た方もストレスがかかると 無意識に歯をくいしばってる。

自分では普通だと思っていても 仕事中、奥歯をくいしばってるのに気づくことがある。

とゆうことでした。