· 

丹光をみるときの瞑想方法

 

 

瞑想ってどうするのですか?

とゆうご質問がきたので瞑想方法についてかいてみます。


瞑想もいろんな手法があります。


どんな瞑想方法も基本は

黙ってすわる。

思考をしずめる。

...がキモだとおもいます。




以下最近わたしがよくする瞑想方法です。


●姿勢



まず結跏趺坐
(けっかふざ.
..右足を左腿にのせ 左足を右腿にのせます)
をします。


背骨をまっすぐにして あごをすこしひきます。

手はひざの上にうえむきにおきます。

これで1時間くらい瞑想します。

途中 適宜足をくみかえたり 安楽座にかえたりします。

これだけです。

シンプル~~♪^0^"


1時間とゆうと「エッ!」とおもわれるかもしれませんが

丹光をみているときは右脳モードなので 

時間たつのがはやいです。

気持ちいいし 心身スッキリします(^^)♪


ただ ヒザがイタい人 

また個々人の股関節や関節の可動域により

結跏趺坐(けっかふざ)ツライ......o(;△;)o

とおもわれる方もいらっしゃるとおもいます。


その場合はあぐらや安楽座など 

カラダにあったすわりかたでいいとおもいます。

座椅子やイスにすわって瞑想する人もいます。


どんな座りかたでも 

背骨がまっすぐなほうが 

エネルギーが上のチャクラにいきやすいです。



また1時間背骨をまっすぐにしているのは

インナーマッスルや背筋と腹筋もつかいます。

おなかの筋肉がフニャフニャだと

1時間 姿勢をキープするのはツライです。



(毎日やってたら 腹筋 背筋ついてくる。とゆうのもありますが..)

最初は無理のない時間で 

じょじょに長くしていったらいいとおもいます^^



●あごをひく

少しあごをひいて首のうしろをのばします。

エネルギーが上のチャクラにいくように♪



●いろいろな考えや思考がでてきて

おちつかないときは 呼吸に集中します。

おなかから息をゆっくりはいて すって しばらくキープして 

また ゆっくりはきます。



●丹光がでてきても しばらくは無視します。
呼吸に集中します。




思考がしずまってくると丹光もみえやすくなりますが

日常での出来事で なにかこだわりや悩みがあるときは

思考はなかなかしずまりません。



でも呼吸に集中していたら

そのうち思考がしずまり 呼吸もゆっくりになってきます。




わたしの場合 丹光も目安にしています。

丹光が白にかわってきて


 

 

 

 


視界全部が真っ白になると 

心も安定し 気持ちよくなり

思考もわかなくなります。




Meditation light TANKOU
丹光

 

 

 

 

 

スポンサーサイト