はじめての方はこちらからどうぞ。

 

オーラのみえはじめ

 

 

 

 · 

明晰夢と死後

テーマ:

「チベット死者の書」によると

死ぬと 光の世界にいく前に

想念の世界(アストラル界)を通る場合がある。




アストラル界では

自分の想念は極端なカタチをとる。


そのカタチをとったものに追いかけられて 

逃げてしまうと 不遇な境遇(仏教的にね)に

生まれかわる。


だから 現世にいる間に

自分の想念に気をつける習慣をつけなさいよ。

とゆうことのようです。



アストラル界は

現世でもほぼ毎日いっています。

「夢」の世界です。


『「夢」の世界で意識的に行動できると

死後の世界でも意識的に行動できる』


とゆうことでチベット密教では そうゆう

『夢の中で意識を保つ(明晰夢を見る)』修行

とゆうのもあるそうです。


そういえば 

カスタネダの本にシャーマンの技法として

「夢」の中で意識を保つ。

とゆうのもありました。


寝る前 手を凝視する。

すると夢で手を見たときに

「夢だとわかる」

とゆうものでした。


でも これやってみたけど なかなかむずかしいです。

できるまでが ホント修行なのでしょうね。



想念をいい方向に習慣づける。

とゆうのも かなりな修行です^^"